クリニックの内装工事を業者に依頼してみて

段階ごとに見に行って進行具合をチェック

クリニックを開業するまでの準備医療機器やネットワーク機器も並行して準備段階ごとに見に行って進行具合をチェック

工事が始まると最初に墨出し作業に入り、ここで実寸の部屋の大きさも見られるので私も立ち会って確認しました。
また、この時点だと、まだ辛うじて間取りの寸法などの変更が出来ますが、これを過ぎると難しいです。
それから配管・電気配線・エアコンなど・間仕切りや床などを作り、ここで部屋の広さや導線なども目で見て体感出来ます。
後は仕上げでこれは床材や壁材、器具の設置などでここまでくると実際のクリニックの運用なども明確にイメージがわきます。
最後は引き渡しですが、ここでは図面通りに出来ているかや傷や不具合、扉のたて付けなど細かい部分まで確認していきます。
ここで不具合が見つかれば、補修や調整などを行ってくれます。
忙しいと思いますが、出来るだけ段階ごとにこまめに見に行ってどのように進んでいるかチェックしたほうがいいです。
実際途中で、やはりこうしたいと思ったときも、途中なら変更が出来るかもしれませんが、これが完成すると対応が難しくなります。

クリニックの内装ならエイケークリニックの内装で注意すべきこと